七峯の丘から
前の10件 | 次の10件

浅間様の御例祭 [令和4年7月1日]

大佐倉浅間神社

鏑木浅間神社

神主殺しの暑さ
 午前7時ちょっと前、東方より花火の上がる音が聞こえました。
 予想するに、大佐倉浅間神社の御例祭を知らせる花火。
 今日7月1日は富士山の山開き。そして多くの浅間神社で御例祭が執り行われる日です。
 当社管轄では上記の大佐倉浅間神社と鏑木浅間神社が御例祭となります。
 なぜ富士山の山開きに浅間神社の御例祭が多いのかというと、浅間神社の御祭神である木花咲耶姫命が富士山の神様であると言うこと。
 要するに、富士山は神体山であって、8合目以上は浅間神社の本宮と言われる富士山本宮浅間大社の境内地となっております。
 その広さ何と約120万坪。日本一広い境内地を有する神社なのです。
 御神徳は安産子育てと縁結びで、当社管轄の浅間神社でも多くの親子連れが参拝に訪れます。
 午前9時から大佐倉浅間神社で御例祭を奉仕し、移動して10時半より鏑木浅間神社で御例祭。
 大佐倉浅間神社は本佐倉城の、鏑木浅間神社は佐倉城と密接な関係があり、鏑木については明治期に佐倉城内に近衛連隊が置かれたことにより現在地に遷座しました。
 なので、現在でも佐倉藩主家の堀田様の御参拝が続けられ、御例祭の後には氏子総代が御礼に上がります。
 流行病の感染防止で出店はお休みとなりましたが、徐々にお詣りも戻ってきた感があります。
 来年は出店も出て、子供達の声が境内により一層響き渡る浅間様の御例祭にしたいですね。
 
大麻が立ちました [令和4年6月30日]


 只今午後4時半。宮司は白袴に改服してこれからの夏越大祓式を前に七峯を書いております。
 酷暑です。暑いです。神主になって27年、こんなに暑い大祓は初めてです。
 今朝は6時から昨日お祓いした、飯沼本家「甲子夏詣酒 星合」を取り扱う酒販店さん方の茅の輪くぐりと車両のお祓いを智勇権禰宜と共に奉仕。
 40分ごとに4組でしたので、最終組は8時半頃に終了しました。
 この段階で額には汗が出ており、体格の良い智勇権禰宜は更に汗が・・・
 朝の段階でこれですので、その後がどうなるか容易に想像が付くのですが、大祓の人形受け付けや、しあわせ月もうで御朱印を受けるために多くの方が来社するので、そのまま境内掃除に突入。
 幾ら水分補給をしてもそれ以上に汗で出てしまい、塩のタブレットを舐めつつの作業となりました。
 大祓の人形、今日だけでも100件以上の受け付けが有ったように思います。まるで観光地の神社並みに参拝者が引きを切りませんでした。
 その受け付けも午後5時で終了。昨年は駆け込み組も多かったので、熱中症アラート並みに厳戒態勢の社務所です。
 先程、茅の輪の前に大麻が立ちました。当社の大麻は国産の麻のみで奉製された貴重なもの。この大麻で大祓式の参列者をお祓いします。
 大麻が立つとお式の時間が近いことの表わしであり、徐々に参集している参列者にも緊張の面持ちが伺えます。
 夏越の大祓は罪穢れの祓いと疫病退散のお式。心を込めて御奉仕して参ります。
 
甲子夏詣酒 星合清祓 [令和4年6月29日]

飯沼本家にて

ご奉納も頂きました
 朝の境内掃き掃除の時点で体中から汗が噴き出しております。
 まだ6月。明日は夏越の大祓だというのに、雨雲一つありません。
 当地佐倉で34度。群馬県前橋市では40度越え。日本の気候はどうなってしまったんでしょうか!?
 この暑さの中ではありますが、当社の御神酒醸造元である酒々井町馬橋の飯沼本家にて、「甲子夏詣酒 星合」の出荷清祓式を奉仕して参りました。
 このお酒は日本名門酒会が主体となって、全国の酒蔵から参加を募ります。
 参加蔵は出荷時にお酒の清祓式を行ない、取扱う酒販店はお祓いを奉仕した神社にて夏越の大祓と茅の輪くぐりをして心身共に清めた後に、酒蔵からお酒を受け取りそれぞれの販売拠点に出発します。
 今日は祭段でのお式の後に、酒販店ごとに仕分けされたお酒の山を一山ずつお祓いをして参りました。
 帰りにご奉納として星合12本も頂戴しましたので、帰社後に早速御神前にお上げしました。
 明日は午前6時より4班に分けて酒販店の皆さんが来社し、茅の輪くぐりを行ないます。早く寝ないとなぁ・笑

飯沼本家
https://www.iinumahonke.co.jp/
https://www.iinumahonke.co.jp/lp/natsumoudesake

日本名門酒会「夏詣酒」
https://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=2927#ntmoude
 
暑くてもネクタイ [令和4年6月28日]

ここにおります
 いつの間にやらクールビズという言葉は使わなくなったんですね。
 夏場はノーネクタイが当たり前になり、比較的ラフな服装で出社するのも容認されてきたからでしょうか。
 流行病の件もあり、リモートワークが推奨されてもいますのでね。
 その様な世の中でございますが、神社界は真夏でも神社庁や各神社で行なわれる神主の会合はネクタイ着用なのです。
 その理由として、会議の前には神社庁だと神殿、各神社だと拝殿にて正式参拝を執り行なうからなのです。
 要するに、ノーネクタイは正装ではないという考えに基づいておりまして、では参拝後はネクタイを取るのかというと、そのままなんですねぇ。
 まあ行き帰り道は外しますが、ネクタイを取らずにそのまま駅などに入ると、周りの視線が集まる・笑
 そんなこんなで今日は千葉県神社庁の定期協議員会が開催されました。
 神社庁は敬啓の期初が7月なので、今日の議題は事業計画と予算審議でして、原案通り可決承認されました。
 因みに9月には臨時協議員会が開かれ、そこでは事業報告と決算審議が行なわれます。
 しかし暑かった。佐倉に帰って冷たいのを一杯やりますか!
 
七夕の笹竹 [令和4年6月27日]

茅の輪と笹竹

むすびの短冊
 梅雨が明けました。明けちゃいましたと言った方が良いかもしれません。
 今日、関東甲信・東海・九州南部の梅雨明けが気象庁より発表されました。
 当地佐倉は関東甲信地区で、最速・最短(21日間)の梅雨明けだそうです
 関東甲信は沖縄・奄美に次いで梅雨入り。他の2地区はその後の梅雨入りでしたので、より梅雨の期間が短く、九州南部は16日間。
 東海に到っては13日間と、間違いない水不足を心配しなければならない状況です。
 また、熱中症アラートの発令と東京電力管内の電力需給ひっ迫注意報も出ており、なんとも色々な事を気に留めなくてはなりませんね。
 昨日ですが、大神輿奉昇員の鏑木青年会の皆さんが今年も七夕の笹竹を奉納下さいました。
 竹というのは樹木と違って、水分が抜けるのが早いのです。
 が、この暑さと日の照りですので、切った翌日の今日の段階で既に葉が萎れております。
 ここ数日は高温の日が続くと予報されていますので、7月7日には竹箒の様になっていると思われます。
 それはそれとして、むすびの短冊も御殿前に準備完了で、早速に願い事を書かれる姿が見えました。
 麻賀多様はむすびの姫神様。皆さんの願い事が確りと実を結びますように。
 
酷暑の地鎮祭 [令和4年6月26日]

竹バージョン

玉垣バージョン
 昨日の七峯で気温が「明日は今日よりも落ち着く云々」と書きましたが、何の何の、今日の方が暑くなってしまい、佐倉でも34度を記録しております。
 そんな中ですが、今日は友引の日曜日で、なんと戌の日。御祈祷と外祭が続きました。
 今日の祈祷番は智勇権禰宜で、社頭番が栗山権禰宜。そして宮司が外回りでした。
 御殿は扇風機を回して窓という窓を全開に。当社は石垣上の台地にあるので風が抜けていきます。
 ただ、祝詞の奏上は口だけで声を出すのではなく、全身を使うのでかなり汗をかくのです。
 朝9時半から最終回の午後3時半まで御祈祷が続きましたので、かなり疲れたと思います。
 6月最終の日曜日でもあるので、社頭も「しあわせ月もうで」御朱印を受ける方が続き、栗山権禰宜も天手古舞いでした。
 さて宮司はと言うと、帰幽五十日祭と地鎮祭2件の奉仕で、移動中には神饌のお下がりのお塩を舐めながら塩分補給。
 祭典後に飲み物の提供も頂き喉も潤うのですが、次の場所の祭典準備の段階で既に汗で出っきり状態。
 外祭出向中に合計2リットル以上の水分を取っておりますが、おトイレに行く気配無し。
 こういう時って体内に尿酸が急激に溜まるので、帰社後に再び水分を取ってトイレに行くようにします。
 画像ですが地鎮祭2件の様子でして、通常の竹を使ったものと、竹の代わりに玉垣を使用したものです。
 佐倉はまだ竹がありますが、それでも地鎮祭用に使う形状のものが揃わないことも増えてきました。
 このようなときに玉垣を使用しており、神社から持参しています。
 地鎮祭をお考えの方で、竹の準備などに不安の方は遠慮無くご相談下さい。
 
御殿裏より [令和4年6月25日]

屋根の大きさがわかります
 今日も強風の佐倉。まあ、佐倉だけではなく日本全国で風神様が頑張っているのでして、少しお力を抜かれてもと思います。
 この影響で佐倉も30度超えでして、37度以上という体温よりも高い気温の所もあるようです。
 テレビでは熱中症とその対策が字幕で随時流されており、夕方から外出を予定している宮司は多分汗だくになる事でしょう・苦笑
 明日は今日よりも落ち着くようですが、それでも30度近い予報。外祭が3件続きますので、よくよく気を付けたいと思います。
 このような風の強い日は落枝に気を付けながら、境内の見回りを行ないます。
 それこそ、大きな枝が落ちてないか、社殿などに被害はないかという具合に。
 現在のところその様な状況は確認されずにおります。
 当社の社殿はその周りをぐるりと巡ることが出来るように参道が通っております。
 なので、御殿真裏にも行くことが可能で、その大きさを実体験出来るんですよ。
 画像は先日行なった南高梅の剪定時に撮影したもので、本殿の間口が3つ有るので三間社作りと言います。
 裏面がこの構造ですので、正面も御扉が3つ有るんですよ。
 画像が御殿裏なので、そこからの視点で説明しますと、真ん中が神様がいらっしゃる御神座があり、向かって右が神御衣が納めてある衣装部屋。
 向かって左が御神宝類が納めてあった場所で、現在は防犯上の理由で、他の場所で保管しております。
 現在の御社殿は天保14年(1843)に時の佐倉藩主である堀田正篤公、後の正睦公により建て替えられたもので、今年で築179年になります。
 建築されたときの棟札2枚には内憂外患から安寧な世になるよう祈願したことが記されており、本殿と棟札2枚が平成30年8月16日付で佐倉市指定文化財に指定されました。
 因みに、神様に一番近いのがこの本殿裏なので、ここでお詣りされる方も多いんですよ。
 お詣りの際には是非、御社殿の周りを巡ってみて下さいね。
 
強風により [令和4年6月24日]

茅の輪の人形もあっちこっちに向いてます
 昨日は沖縄慰霊の日でしたね。77年前の昭和20年6月23日に沖縄県に於いて組織的戦闘が終結した日とされています。
 多くの方が沖縄戦で亡くなられました。平和の礎がある摩文仁の丘では慰霊式が行なわれ、岸田総理や玉城沖縄県知事が参列と慰霊の挨拶を行ないました。
 岸田総理の挨拶の際に、会場周辺からヤジが聞こえるシーンもあり、テレビではその音声を拾っていました。
 広島や長崎の原爆死没者慰霊式でもそうですが、慰霊という一番大事なことの最中にヤジなどを言う人の心理が判りません。
 ヤジをするのであれば、式典後に対象者へ向けてすればいいわけで有って、その様なことも判らない市民活動家という、何の市民かわからない連中に支持が集まる訳がないのです。
 で、ありながらも、左翼メディアは小躍りしてこれを聞いていたことでしょう・笑
 今日の佐倉は気温が30度近くまで上がって、晴天でございます。
 まるで沖縄にいるみたいな感じですが、これは南からの湿った強風によるもので、明日も同じような気温と空模様になるみたいです。
 当社の御殿はほぼ真南に向いており、石垣を組んだ台地の上なので、風通りがとても良く、今日のような日はとても良いでは済まないほどの風が境内を通過します。
 なので、強風の日は拝殿の御扉を閉めるようにしております。
 御扉の奥にはサッシのガラス戸があり、殿内へは風は入らないのですが、落枝などがガラスに当った場合のことを考えて、安全確認のために御扉を閉めるのです。
 今日も色んな物が飛んでおりますので、お詣りの際は十分にご注意下さいね。
 
運転手は氏子さん [令和4年6月23日]

写メを送ってくれました!
 流行病の罹患者が下げ止まりの傾向を見せております。今年こそは秋の大祭りを!と意気込んで、諸会議や打ち合わせを行なっておりますが、刻々と変わる状況にどこまで対処が出来るのかと日々考えて下ります。
 さて、昨日から参院選が始まりましたね。正確には「公示」と言うそうですが、千葉の神社庁で神宮大麻に関する会議があったので、いつくかの候補者の選挙カーが目に入りました。
 参院選は都道府県単位の選挙区と、比例全国区と2つの選挙制度で行なわれます。
 前者ですが我が千葉県は定数3で、ここのところ自民・自民・立憲が指定席。
 今回は過去最多の14名が立候補しており、混戦と言うより混線状況です。
 宮司が副幹事長職を頂いている神道政治連盟千葉県本部では、臼井正一氏と猪口邦子氏の2名に推薦を出しました。
 比例全国区では山谷えり子氏に推薦を出しており、比例区では唯一の推薦候補者となっております。
 推薦の基準は神政連の基本政策に同感する方。当たり前と言えば当たり前なのですが、皇室の尊厳護持や男系男子での皇位継承。
 そして日本国憲法の改正を視野に入れた活動などが揚げられます。
 上記の3名はいずれも自由民主党から立候補しておりますが、自民党も思想に幅が広い政党ですので、全ての自民党候補者に推薦を出しているわけではありません。
 比例区で推薦を出している山谷氏ですが、選挙カーの運転手がなんと当社の氏子さんで宮司の友人。所謂呑み友達という中の方でございます。
 良くお邪魔する、JR佐倉駅近くの寿司まつなかのカウンターで一杯やっているときに、「宮司さぁ、俺今度ね山谷さんの選挙カーの運転手をする事になったんだよ!」と。
 たまげるも何も、その夜は大いに激励を差上げました・笑
 今頃はどこを走っているんだか、7月10日の投票日近くには千葉県内を走る予定になっているそうです。
 兎に角安全運転で、そして大願成就を心よりお祈り申し上げます!

神道政治連盟
https://www.sinseiren.org/
 
保護司再任となりました [令和4年6月22日]


 昨夜の雨で少し涼しさが戻った佐倉です。蒸し暑いこともなく、社務所内は快適です・笑
 昨夜は宮司が所属している佐倉ライオンズクラブの年度最終例会で、臼井のイタリア料理カスッテロで会食例会に参加してきました。
 宮司は前期に会長を務めましたが、その時は会食例会を開くことが出来なかったので、今期に復活が出来て良かったです。
 默食とは言わないまでも、皆それなりに気遣って食事をするのが慣れた気がします。
 それであっても、やはり気の置けない仲間で食事をするというのは楽しいものですね。
 帰宅をしまして、郵便物が結構到着しておりました。
 オササを頂いた後に開封すると、内容物を無くす可能性があるので、日を跨いで今朝開封しました。
 その一つが佐倉地区保護司会事務局からのもので、中には真新しい保護司証と任命書が入っておりました。
 保護司は1期2年で、その都度更新を行ないます。
 任命者は法務大臣で、古川禎久さんの署名と大臣印が捺されています。前回は上川陽子大臣だったかなぁ。
 以前の保護司証は初任の平成26年7月1日付で、4回目の更新となる今回に切り替えとなりました。
 貼り付けてある写真は冬に撮った物なので、髪が結構伸びております・苦笑
 この保護司証とこれけら8年過ごして参ります。その間にどのような対象者を受け持つのか。もしかしたら受け持つことがないまま過ごせるのか。
 警察官や自衛隊と同じように、保護司も大活躍することがないほうが、世の中平和な証し。
 ただ、犯罪抑止や更生活動には汗をかくことが大事。常にそう思っております。