七峯の丘から
前の10件 | 次の10件

今年もど根性百合が咲きました [令和4年8月8日]


 気がつけば昨日が立秋。暦の上では秋となりましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。
 今週も暑い日が続く予報となっておりますので、水分補給と室内の温度調整、そしてこまめな換気をして、体調を整えましょう。
 立秋と言うと、時候の挨拶は「残暑お見舞い」になります。宮司は残暑のほうが暑さがきついイメージがあるのですが、皆さんは如何ですか?
 日中の茹だる様な暑さとは変わり、縁側での夕涼みにヒグラシが鳴く。そういう残暑の風情は戻ってこないのかなぁ
 さて、境内には植えたわけではありませんが、いくつかの場所で百合の花が咲きます。
 その中にあって、なんでそこに?と言う場所が石垣のところ。石垣と境界石の間のほぼ亀裂みたいな場所に生えているのです。
 名付けて「ど根性百合」。ひところニュースなどで同じ様な場所に大根などが育っている様子が伝えられたことがありましたが、一様に「ど根性@@」と言う感じでしたね。
 百合の種類ですが、鉄砲百合と高砂百合が自然交配した新鉄砲らしいです。と毎年書いております・笑
 最初に咲いたのが5年前で、それから毎年1輪ずつ増えており、今年はかなり賑やかになりました。
 ど根性百合が咲き始めると、九月守の頒布も近くなります。現在、智勇権禰宜が社務所で一生懸命に奉製に勤しんでおります。
 この11日くらいから兼務地域に配送が始まります。その頃には百合も咲き揃うでしょう
 
弥来2才 [令和4年8月7日]

弥来

出産直後とお七夜
 スマートフォンに入る降雨予想。これ凄い便利ですよね。活用させて貰ってます。
 このところ大気が不安定なのであちこちで積乱雲が発生。それに伴いゲリラ豪雨も起こるようになりました。
 今年は少ないなぁと思っていた矢先して、今日13時過ぎには、当地佐倉でもかなりな量の雨が降りました。
 降雨予報の知らせがなければ、授与所の御守類はずぶ濡れになっていたと思われますので助かりました。
 服飾評論家で俳優の市田ひろみさんがお亡くなりになったそうですね。
 これもネットニュース配信でしりましたが、緑茶のコマーシャルでも有名である共に、保守言論の発信者としても知られていました。
 たおやかな京言葉を使いつつ、強さも兼ね備えていた方。ご冥福をお祈り致します。
 さて、今日は生き狛犬の弥来(みくる)君、2才の誕生日です。
 令和2年8月7日午前0時50分に、体重110グラムで宮司宅の居間で生まれました。父親が珠京で母親は令麻の生き狛犬夫妻です。
 珠京はがっちりした体格なのですが、令麻は2キロ前後と細こい体系なので、掛るか心配でしたが、令麻のお腹に宿ってくれました。
 現在の弥来は体重2キロ弱と令麻に似て細身ですが、目がパッチリしているところは珠京に似ていますね。
 お産の際は宮司が取り上げたので、尚更可愛いです。はい親バカというか、じいじ馬鹿です・笑
 ちょっと怒りん坊の所はありますが、甘えっ子でもあります。
 そんな弥来も繭結という伴侶も出来、そのうちお父さんになれれば良いなと禰宜画伯と話しております。
 今夜は弥来が一番好きな禰宜画伯が特別なご飯を作ってくれる予定。
 七峯を書き終えたら、宮司宅に戻ってお祝いしましょう!
 
今日は四角豆 [令和4年8月6日]


 昨夜開催された佐倉ライオンズクラブの臨時アラート委員会。友好クラブである金沢ライオンズクラブ宛に支援物資、特に復旧作業に使うであろう物品を選定し、本日発送となりました。
 災害支援はその時期とタイミングによって必要とされる物資が変わってきます。
 長期的目線で進めて行かなければならず、そのタイミングで万が一、当地佐倉が被災する可能性もあるので、それにも備えなければなりません。
 自然災害はいつどこで発生してもおかしくはない。常にその事を覚えておきたいものです。
 今日は広島に原子爆弾が投下されてから77年。なので広島市はこの日をピースデイとして鎮魂をします。
 数年前のピースデイに丁度広島市内に滞在したことがありました。
 宮司家家族と広島県内の先輩神職さんとで野球観戦をしましたが、この日だけは鳴り物の応援はなく、いつもの野球観戦とは違っていました。
 世界情勢が不安定な今、特に隣国に恵まれていない日本はどのように国家国民を守るのか、国民一人一人が確りと考えなければなりませんね。
 そんなことを考えつつ、朝顔棚の手入れをしておりますと、一緒に植えてあるゴーヤが良い感じになってきました。
 それと共に植えてありますのが四角豆。文字通り房の断面が四角形で、長方形をしているから四角豆と言います。
 東南アジア原産の多年草なのですが、国内では冬に枯れてしまうことが多いので、一年草扱いになっています。
 味は軽い苦みがありますが、変なくせはなく、炒め物や天ぷらにするのがお勧め。
 マメ科ですから蔓が伸びまして、ここ数年はゴーヤと共にグリーンカーテンとしても活用されています。
 これまた沖縄の話になりますが、「うりずん」や「しかくまーみ」と呼ばれておりまして、うりずんとは「潤い初め」の琉球言葉だそうです。
 潤い初めは旧暦2〜3月を指し、春先から梅雨入り迄の時期だとか。その頃が豆の蒔き時と言う訳ですね。
 沖縄にも暫く行っておりません。ゴーヤや四角豆を取り上げたので、なんとなく気持ちが沖縄にいってみたいさ〜
 
授与所、通常に戻りました [令和4年8月5日]

岩内棟梁、ありがとうございます

福井県内の北陸本線
 昨日より改修工事を進めておりました社務所の授与所エリアですが、大工さんのお陰を持ちまして早めに工事が完了おなりました。
 なので、本日のお昼くらいから通常の形で守札の授与と御朱印の受け渡しが再開となります。
 工事を請け負って頂いたのは、当社の大神輿棟梁でもある岩内住宅産業の岩内広夫さん。
 ご自身も大神輿奉昇員の鏑木青年会で、筆頭たる赤襷も勤め上げた、宮司の信頼たる方のお一人です。
 先だっての大神輿輿改でも、岩内棟梁の最終確認が認められないと、秋の渡御が出来ません。
 それだけに、日々お宮の御事に対して、献身的に御奉仕を頂き、日頃から感謝しております。
 さて、通常に戻る事もあれば、非日常になってしまう事もあります。
 ここ数日に渡って日本列島に湧き起こった線状降水帯ですが、北陸から東北方面への被害が判ってきました。
 最初の頃は山形県と新潟県の境や福島県、その後に石川県から福井県辺りの被害が甚大であるとの情報が取れました。
 宮司は昨日、禰宜画伯と共に湯河原に滞在しており、今は佐倉への帰路で東海道本線の車中です。
 この間にも各所と連絡を取り、特に金沢の石浦神社宮司の長谷さんと、福井藤島神社宮司の新田さんと被害状況について情報を頂き、今夜開催される佐倉ライオンズクラブ(LC)臨時アラート委員会に情報提供が出来ればと思っております。
 宮司が所属する佐倉LCと長谷宮司が所属する金沢LCとは、今年6月にアラートを中心とした念願の友好クラブ締結をしたばかり。
 お互い様の心を持って、友好クラブの精神を活かせるように帰倉からのアラート委員会に臨みたいと思います。
 
本日は縁側にて [令和4年8月4日]

その昔を思い出します

ほぼ一日中こんな感じ
 久しぶりに雷様が大挙して来県なさっております。朝から雷鳴が響いている佐倉です。
 昨日、青森県や岩手県など東北地方で大雨を降らした前線が南下して、北陸から新潟県あたりで線状降水帯が発生。一部地域では避難勧告も発令されていますので、早めの避難もしくは備えを致しましょう。
 佐倉は断続的ではありませんが、雨が降ったり止んだりを繰り返しており、そのせいか境内も至って静かです。
 今日から二日間、授与所の庇工事を行なっておりまして、守札の頒布場所が社務所向かって左手の縁側にて授与しております。
 この場合での頒布は宮司が麻賀多神社に赴任した平成11年から、社務所奥に宮司宅が完成するまでの4年間行っていました。
 今思えば、良くやっていたなぁと感じますが、齢30歳でしたのでまだまだ若さ溢れていた訳です・笑
 当時は今よりも頒布品も少なく、縁側も広く感じましたが、禰宜画伯のデザインと努力により所狭しとなりましたね。
 雨の降り方次第では、ガラス戸を閉めている場合もありますが、ご用の際は遠慮なく。
 まぁ、この様な空模様ですので、不急の方は明日以降にお越しいただいた方がよろしいかと。
皆さんもどうかご安全にお過ごし下さいね。
 
レイシ?ゴーヤ? [令和4年8月3日]


 今日も猛暑日。40度近いところもあるようですね。
 当地佐倉でも発表では37度ですが、あくまでも観測地点でのことでして、日なただと40度以上になっているのは必然。
 午前中は古神札のお焚き上げを行ないましたので、お昼にはへろへろ状態の宮司でございました。
 昨日午後の話になりますが、千葉県神社庁で毎年夏に行なわれる初任神職研修会において講師を務めてきました。
 担当授業は「神社本庁史」の4コマ。1コマが1時間ですので、ざっと4時間授業。
 今回で2回目の授業となりますが、最初にこのお話を頂いたときは、到底無理!?と思ったのですが、人間やれば出来るもので・笑
 やれば出来ると言ってもただ4時間話せば良いわけでもなく、受講生がその内容を理解出来て始めて完了するのです。
 授業の最後に質問や四方山話をして納めるのですが、感想を聞いたところ、それなりに理解が出来ていたようです。
 講師に気遣ってそう言ってくれたのかも知れませんが、それはそれで良しとしましょう。
 境内の朝顔棚で育てているレイシ、今ではゴーヤと言った方が判りやすいと思いますが、それなりの大きさになってきました。
 収穫後は御神前に御供えをして、その後にお下がりを頂きたいと思いますが、先に書いたように、レイシと呼ばれたいたものがいつの間にかゴーヤの方が身近な呼び方になりましたよね。
 今でも学術的にはレイシを用いるらしいですが、その他にもニガウリとも呼ばれていました。
 ゴーヤという名称が広まったのが平成13年(2001)に放映された沖縄を舞台に下NHN連続テレビ小説「ちゅらさん」だと言われています。
 ドラマ中に登場するマスコット「ゴーヤーマン」がそれとされ、宮司家にもぬいぐるみが有りました。
 沖縄料理の普及でゴーヤチャンプルが手軽に作れる代表として広まった事もあるでしょうね。
 因みに沖縄ではゴーヤーと呼ぶ方が一般的だそうで、そもそもに意味は「苦いウリ」だそうです。豆知識として。
 
大手通の水道管工事 [令和4年8月2日]

神社正面
 昨日も記しましたが、宮司の誕生日の件でSNSやLINEから沢山のお祝いのメッセージが届きまして、朝からその返信に追われました・笑
 SNSの多くは本人確認のために誕生日などの登録をしなければなりませんが、誕生日近くや当日になると、「今日は誰々さんの誕生日です」と画面に通知が来まして、それを見た方がと言うわけです。
 ひとしきり義理を欠くことがないよう、返信なり「いいね!」を付けまして、後ほどに纏めレスで再度御礼をしたいと思います。
 そんなこんなでSNSでの返信作業後に、この炎天下ではありますが神社駐車場と側道の草むしりをしまして、現在の宮司は七峯を書きながらクールダウン中。
 社務所に聞こえてくるのは例の如く蝉の大合唱と近隣で行なわれている建築現場2ヶ所からの槌の音。
 そこに先週末から加わったのが神社前を通る大手通での水道管入れ替え工事の音でございます。
 現在、佐倉市では老朽化した水道管を地震に強い管へ更新する工事を進めており、今回は「22改水補-宮小路町・城内町地先水道管耐震化工事」として、令和5年2月末頃の完成予定となっております。
 神社の前は佐倉城からの大手通。現在は大手門自体は有りませんが、その跡地が大手門後広場として昨年整備されました。
 今回の工事はその大手通のほぼ全域が工区で、500メートル以上になろうと思われます。
 工事中は片側一車線の通行となり、神社正面より、東参道から境内に入って頂いた方がより安全かと思われます。
 工期中には秋の御例祭と七五三詣、そしてお正月が入ります。
 その際の対応も佐倉市水道局との協議が必要になると思われます。
 通行止めになる際には、予め「お知らせ」やFacebookとInstagramでご案内しますね。
 
50歳となりました [令和4年8月1日]

月次祭に参進
 ニーニー、ジージー、ミンミンと今日も賑やかな麻賀多神社の境内。お祭りと同じく、夜に鳴き止んでも、耳の奥で鳴いております・笑
 これでも10年くらい前と比べると幾分少なくなってきた感があります。あの時は境内が穴だらけでしたからね。
 今日から8月。葉月の月次祭を奉仕して、玉体の御安寧と皇室の弥栄。国家国民の平穏と流行病の収束を祈念しました。
 今回付けた装束、画像のものですが、新品で今日が袖通しになります。
 普段着装している夏装束よりも生地が薄く、かなり軽く感じました。
 今日あたりから東北はお祭りが順次開催されますね。順不同にはなりますが、青森のねぶたと弘前のねぷた。秋田の竿灯に仙台の七夕。
 盛岡のさんさ踊りが一番早く今日からだった気がしますが、いずれも3年ぶりの開催で、地元の方の多くは心を振るわせているのではないでしょうか。
 七峯もお祭りの記事が多くなってきました。どのようにすればお祭りを齋行出来るのか、上記のお祭りのガイドラインも参考にしたいと思います。
 さて、宮司個人の話で恐縮ですが、本日50歳の誕生日を迎えました。
 人生100年時代と言われておりますが、その半分になったと言うことですね。
 昨日と何が変わったのかというとほぼ変わりは無いのですが、40代と50代では言い表せない重みを感じております。
 人生節目の年と流行病3年目に迎える大神輿の300+1年の式年祭。
 この祭典をどうやって無事に齋行し、そして納められるか、終わりなき神主人生の一大行事・事業と考えて下ります。
 そんな思いを抱きつつ、これから浅草の提灯屋さん行って、提灯の張り替えと新調の打ち合わせをしてきます。
 禰宜画伯も同行しますので、帰りにはどこかでお祝いの食事となるでしょうね。勿論勘定は宮司持ちでございます・笑
 
輿改めと総代会 [令和4年7月31日]

担ぎ棒も点検します

枡組が綺麗ですね
 昨夜に開催された佐倉の秋祭り実行委員会の総会。予想通り感染予防についての意見交換が盛んにされました。
 第7波の渦中にある現在、正直なところ10月にどういう状況になっているかは判りません。
 専門家やAIの予想というもの有りますが、5月の大型連休後に感染が爆発的に広がるという予想は見事に外れたわけで。
 その時、世界は完全爆発を起こしていたので集団免疫を獲得し、その様な国では現在感染者数が落ち着いているという皮肉。
 何はともあれ、御例祭に向けて収縮と準備を進めるのみです。
 今日は午前9時半より大神輿渡御の前提となる行事「輿改め」が行なわれました。
 改めるですので、文字通り大神輿の点検でして、奉昇員である鏑木青年会がその任に当りました。
 また、神輿棟梁の岩内住宅産業の岩内広夫さんと大年番の仲町氏子総代の丸武夫さん、栄町氏子総代の布施和雄さん。そして責任役員兼鏑木町氏子総代で鏑木青年会OBの内田光男さんに立ち会って頂きました。
 点検は大神輿本体から房や鈴に至まで、全ての部品を目視。担ぎ棒は実際に肩を入れて状態を確認します。
 結果、渡御に当って問題点は無いと報告があり、無事に納めました。
 それを受けて午後1時半からは佐倉中央公民館に於いて第2回氏子総代会を開催し、輿改めの報告と御例祭に向けての現状報告を致しました。
 同時に予算審議と麻賀多割り(町内賦課金)も可決承認されました。
 御神輿の渡御は山車や御神酒所の曳き廻しと違い、密になる事は避けられません。
 なので、神社で作成したガイドラインの説明と、抗原検査の実施についても宮司より説明をして、役員より賛同を頂戴しました。
 例年であれば7月第1土曜日に行なっているので、約1ヶ月遅い開催となります。
 諸準備が立て込んでくるので、順序よく慌てずに進めてまいります。
 
半円の軌跡 [令和4年7月30日]

綺麗な半円形
 今日も蝉の鳴き声で賑やかな境内。夜になると鳴き止みますが、耳の奥の方で鳴いております・笑
 今日もいい汗をかきました。午前10時から岩名で地鎮祭を奉仕して、帰社後は着ていた装束類を直ぐに洗濯機へ投入。
 基本、白衣などは毎日洗っていますが、この時期の外祭奉仕では脱いだ白衣が1回でドサッと音が鳴るほど汗を吸い込んでいますので、午後にも祭典がある場合などは、その都度着替えるようにしております。
 これは衛生面もさることながら、汗を吸い込んだ白衣は熱が籠もり、それが熱中症を引き起こす原因とも成るからです。
 さて、今日は境内西側にある宮小路町第一の神酒所倉で、町内の方々が御神酒所の点検を行なっていました。
 氏子町が多い当社でも、宮一は定期的に御神酒所の点検と整備を欠かさない町内です。
 譜久里祭礼委員長とも暫しお話しすることが出来、今夜開催の佐倉の秋祭り実行委員会総会について意見交換しました。
 その際に目に入ったのが、御神酒所の土台部分にある半円形の傷のようなもの。
 綺麗な半円ですが、車輪はその下に付いているので、さてこれは何だろうと。
 そうしていたところ、譜久里さんが「これは舵棒が付く前の車輪の跡だと」説明してくれました。
 御神酒所は大別して梃子棒を使って舵を切る形と、御神酒所前方にハンドルの役目をする舵棒をつけて方向を決める形があります。
 現在は後者の方が多いのですが、基本的に梃子棒形式の御神酒所を改造して舵棒を取り付けたので、その例に一段高くなったのです。
 普段は目につきませんが、御神酒所の点検の際などはじっくりとその構造を見ることが出来ます。
 町内の子供達にも、是非このようなお祭りの歴史も知ってほしいものですね。