七峯の丘から
前の10件 | 次の10件

祈年祭はとしごいのまつり [平成31年2月17日]
 今日もたくさんのお参りがあったようです。伝聞系なのは祭典で外出していたためで、昼前に社務所へ顔を出したときにはすぐさま御朱印の奉書に入ったくらい。
 考えてみるに、今日は日曜日でしたね。神職家業の身としては七曜よりも六曜に気が行ってしまいまして・笑
 今日は祈年祭。読み方は「きねんさい」ですが、訓読みだと「としごいのまつり」となります。
 宮司としては訓読みの方がたおやかで好きですがね。
 午後から佐倉市城の麻賀多神社にて祈年祭の奉仕を致しました。
 祈年祭とは一年の五穀豊穣を祈る祭典で、宮中を始め日本全国の神社で祭典が齋行されます。
 昨日奉仕した上勝田の春祈祷も祈年祭と同じ。戦前まで存在した政令「皇室祭祀令」では小祭に分類され、11月23日の新嘗祭と対になっています。
 城の麻賀多神社は旧六崎村の鎮守で、氏子地域は現在の六崎・城・石川・表町の4区。なので、氏子総代も4区からそれぞれ選出されます。
 祭典は4区の氏子総代と各区の区長が参列。秋の大祭時には40人からの参列と大きな祭典が行われます。
 祭典は年4回で、今日の祈年祭の後は7月の風祭です。
 なので、次の祭典は春の御代替わりの後となり、祭典後の講話でその事を話しましたら、皆さん感慨深げでした。
 一般的に神社界は今日の祈年祭で年末年始からの行事が一段落します。なのでこれからは通常の社務と共にネクタイを締めての出張が増えます。
 宮司が不在の時も増えますので、ご用の方は来社の前にご一報下さい。


 
上勝田春祈祷 [平成31年2月16日]
 小雪が舞った昨日とは変わり今日は快晴の佐倉。午後からは気温も上がり過ごしやすい一日となりました。
 雪と言えば丁度一週間前ですが、関東地方に降雪。その影響で9日の外祭がすべて日延べとなりました。
 地鎮祭は11日にこれまた雪の降るなか齋行し、上勝田大宮神社の春祈祷は今日に延期。
 先送りされた祭典がやっと少なくなってきました。
 上勝田の春祈祷は神前に蕪で作った亀に折り鶴と松と梅を添えて御供えします。また畑作地域でもあるので野菜は全てが地元産。神様もお喜びと拝察致します。
 祭典の後は直会が付きもの。お膳には大根と人参の紅白なます。そして糸切り昆布と大豆に煮た油揚げを添えたものが乗っており、それを摘まみながら宮司と区長が差し向きながら盃を交わします。
 時間としては15分ほどと短く、その理由は直会の後に奉射祭が続いて行なわれるためなんです。
 この二つの行事を納めて上勝田区は田圃などの農作業に入ります。
 「今年も神主さんにちゃんと拝んで貰ったから豊作間違い無しだ!」
 とても嬉しい言葉を頂きました。そしてとてもプレッシャーが掛かる言葉でもあります・笑


 
江戸の奇想を求めて [平成31年2月15日]
 小雪が舞う年に数回、上野付近の博物館や美術館を訪れます。佐倉から上野だと京成電車1本で行けますので何かと便利です。
 今日は禰宜の気晴らしと併せて、東京都美術館で開催されている「奇想の系譜展〜江戸絵画ミラクルワールド〜」を観賞してきました。
 江戸時代に活躍した8人の画家を取り上げ、それまでになかった題材や構図の妙を画家の生きた順にしてどのように繋がり深化していったのかという内容です。
 一昨年の伊藤若冲ブームからこの方、江戸時代の絵画や画家を取り上げる企画展が増えています。
 芸術家肌の禰宜はこのような企画展が大好きで、気が枯れてくると美術鑑賞をしたがります。
 そこで得られた気とアイデアが禰宜の原動力となり、御守のデザインやその他制作活動に生かされます。
 さて、気力は回復してもお腹はふくれませんのでアメ横あたりで食事をすることにしました。さすが世界のアメ横。平日ですがインバウンドを中心にとても多くの人出。
 野郎連中であれば立ち飲みあたりでもいいのですが、禰宜を連れてはそうも行きませんので、昨年ひょんな事から立ち寄ったタイ料理店へ。
 ガード下の2階ですのでアメ横の通りがよく見えるのですが、ふと下を見るとテレビの撮影クルーが歩いている。そしてタイ料理店の入り口あたりで撮影開始。
 禰宜曰く「折角ゆっくりと食事をしているのに」と・笑
 結局、私達がお店にいる間は中の撮影はなかったのですが、クルーの方はお客が食事をしているところを撮りたかったらしい。
 お腹もいっぱいになって会計をしようと立ち上がったときにディレクターさんが「テレビに出ませんか?」と声を掛けてくれました。
 禰宜曰く「いつも地元のケーブルテレビに出てますので大丈夫です」と。どんな断り方なんだと笑いながらお店を後にしました。
 今日の見聞がどのような形で皆さんの前に示されるのかは判りませんが、またお出かけしたいとルンルンで帰社した禰宜でした。

東京都美術館 https://www.tobikan.jp/



シンハビールもあります
 
七栄 二の午祭と150周年準備 [平成31年2月14日]
 今月も早いものでもう半分まできましたね。今年は初午が2月2日と早いことも有り、今日14日が二の午になります。
 午の日はお稲荷様の御縁日。京都の伏見稲荷大社に神様が降臨されたのが午の日とされ、それ以来2月最初の午の日を初午、そこから12日毎に二の午、三の午と稲荷神社関係の祭典が行われます。
 当社では境内摂社の若宮稲荷神社で初午祭を齋行しますが、上記のように今年は節分前と言うことも有り今日の二の午で祭典を齋行しました。
 また、兼務社である富里市七栄の紅葉山稲荷神社は二の午が祭礼日なので、同じく本日二の午祭を齋行しました。
 紅葉山稲荷神社は江戸城内紅葉山に鎮座していた由緒を持ち、明治維新で江戸城か開城となり城内の社殿が取り壊されることを知った佐倉藩士が御神体その他を佐倉に持ち帰り、七栄に鎮座したのが始まりです。
 今年は鎮座より150年の節目にあたり、記念誌の発行など事業を行なう予定です。
 また10月の御例祭に合わせ御鎮座150年記念大祭を齋行する予定にもなっております。
 今日も祭典後の直会ではその話も出て、大いに盛り上がりました。
 七栄は佐倉藩士を始め全国の武士が集まり、刀を鋤鍬に持ち替えて開墾したところ。その苦労が今の繁栄に繋がっています。
 御鎮座150年のお祝いももちろんですが、先人達の偉業を顕彰することも進めてまいりたく思います。

若宮稲荷神社

紅葉山稲荷神社参道
 
ライオンズクラブのお弁当 [平成31年2月13日]
 学校や会社にお弁当を持って行かれる方も多いでしょう。宮司も高校生時代は毎日弁当持ちで、その蓋を開けるのがとても楽しみでした。
 友人の中には学校に着いたら早弁。お昼は食堂でパンを買うなど、一日4食以上の者も沢山おり、食べられることは若さなんだと今更ながらに思うのです。
 さて、宮司が所属している佐倉ライオンズクラブは毎月第2,4水曜日の夜が例会日で、食事の後に例会が開催されます。
 この食事は弁当形式で、司会を務めるライオンテーマが手配を行ないます。
 宮司は今年そのライオンテーマを仰せつかっており、毎回どこの弁当にしようかと頭を悩ませております。
 と言うのも、今年度の清宮芳雄会長の方針が地元産を食事に出したいとのこだわりが有り、これに対してはごもっともなのですが全部が全部地元産でこしらえた弁当はあるわけがなく、もし有ってもかなり高額になってしまうため、宮司としては予算内で地元のお店を使おうと考え実践をしております。
 その一つが宮司がよく食事に行く、若しくは一杯やりに行く飲食店にお願いしての仕出し形式の弁当です。
 大手チェーンのような華やかさはありませんが全て手作りでボリュームが有り、メンバーの皆さんにも好評を頂いております。
 既に数軒のお店を使いましたが、メンバーから「今日のはどこのお弁当?」と聞かれ答えるに、宮司の行動範囲を示しているようで・笑
 普段はお弁当をやっていないお店も多く、受けて頂けるだけで有り難いのですが、予算内であの内容とは、またお礼で一杯やりに行かなくてはなりませんね。
 仕出し形式のお弁当はとにかく手間が掛かります。その苦労を知っているのでお弁当の話を切り出すにも躊躇することもあるのですが、話をすると皆さん地元のためならと喜んで引き受けてくれます。本当にありがとうございます。
 宮司としてはこのような形でも地元貢献が出来ればと思っております。
 ライオンテーマの任期は6月末まで。お店のネタ切れにならないように、また佐倉の町を探訪しませんとね。

今夜は「すし酒処まつなか」謹製
 
リフォーム安全祈願 [平成31年2月12日]
 日本人ほど多言語を使っている民族はいないと思います。
 日常使っている日本語はもちろん、語源が英語やフランス語等、海外から来たでもそのまま使っている場合や、天ぷらのようにポルトガル語が語源でも完全に日本語として定着しているものもありますね。
 そこに和製英語もあるもんですから片仮名表記やローマ字表記でも外国人に伝わらないものも沢山なのです。
 言葉だけに限らず日本人は海外から入ってきた物を自分達に合うように改良をするのが上手です。
 世界を見てもとても稀有な民族といえるでしょうね。
 何故こんな書き出しなのかというと、今日奉仕した祭典が家のリフォーム安全祈願祭だったからなのです。
 リフォームって普段から普通に使っていますよね。それこそ上記のようにリフォームといえば家や内装、水回りなどを改装工事する意味合いで。
 でもふと疑問に思ったのが私達が使っているリフォームって本当にその意味なんだろうかと調べてみたらちょっと違っていたんです。
 英語のreform とは「改心する、改正する」などの意味で、日本語のリフォームは renovation・リノベーションというのが正しいらしいのです。
 リノベーション、確かに聞いたことがありますが家の改装工事と言えばリフォームのほうが断然使われています。
 う〜ん、頑張れリノベーションと応援したくなります・笑
 今日のお祓いは兼務社の氏子総代さんのお宅で純和風で築100年以上。すでに数回の増改築をしていますが、屋根と柱以外は全て新しくなるそうです。
 生活の洋風化もありますが、自分たちがこれから高齢化することを考えての選択とのこと。
 数回の増改築が可能なのもしっかりしている部材を多数使用しているからです。
 全面改装工事は新築1件分の予算が掛かりますが、慣れ親しんだ柱などはそのまま見ることが可能です。
 この総代さんとは年数回お目にかかりますので、工事が完成したら是非とも内覧をさせて頂きたいと思います。


 
今日は日本の誕生日 [平成31年2月11日]
 今日も雪が降るとの予報でしたが、一昨日よりも吹雪いていたように見えました。
 なので祈祷予約の変更や兼務社の祭典延期など朝から社務所はてんてこ舞いのスタートでした。
 午前中の一番降りが強い時間帯には地鎮祭の奉仕を行ないました。
 何故この雪の中をと思われるでしょうけれども、なんと一昨日に齋行する予定が雪で今日に変更となりそしてまた雪。工期の関係もあるのでどうしてもお願いしますと。
 ちゃんとテントも用意してくれてあり、祭典は滞りなく齋行出来ました。素晴らしい住まいが完成されますようご祈念致します。
 今日は建国記念の日。本来であれば紀元節というべきなのですが、未だにGHQの呪縛をほどくことが出来ないのは残念至極です。
 なのでここでは紀元節と表記しながら書き進めて参ります。
 紀元節とは我が国の誕生日です。その始まりは初代の天皇である神武天皇が2679年前に大和の橿原宮で御即位されたことによります。
 今日も橿原神宮には勅使が使わされ紀元祭が齋行されます。この祭典は橿原神宮の年中の諸祭事で一番重儀とされており、天皇陛下の深い思し召しを察するのです。
 神武天皇から数えて今上陛下は125代目。今年5月1日には皇太子殿下が126代目の天皇となられます。全世界を見ても日本のように連綿と続く国はありません。
 よく中国4000年の歴史やら朝鮮の半万年(5000年)やらと主張しておりますが、それは全くの嘘。連綿と続き世界一古い国家は日本なのです。
 皆さんもご自身や家族の誕生日だけではなく、祖国日本の誕生日もお祝いしましょうね。

神武天皇肖像
 
連休中日と御朱印 [平成31年2月10日]
 昨日から明日の建国記念の日まで三連休の方も多いと思われます。お出かけの方、未明までの雪で家に閉じこもりの方、それぞれの連休ですね。
 午前中の境内は木々から舞い落ちた雪が日に当たりとても綺麗でした。でもお参りの方には少し冷たかったでしょうね。
 今日から権禰宜も連休。宮司と巫女さん達で参拝者を迎えましたが、まあ御朱印の多いこと多いこと。
 お昼を挟んで気付けば約4時間半、御朱印の奉書が続きました。要するにずっと書きっぱなしの状態だったわけです。
 観光地ではない当社がこのようそうですから、昨日までいた熱海などの観光地神社は凄いことになっているんでしょうね。
 以前の七峯で御朱印を受ける方のマナーについて書いたことがありました。
 当社では余り問題になるような方はいませんが、それでも早くできないのかとか、時間がないから先に書いてとか、どんな教育を受けてきたんだろうと思われる方が存在するのは確かです。
 余り書きたくはありませんが、特定以上の年齢層に集中します。戦後生まれのあの世代です。
 可哀想と言えば可哀想ですよ。その世代の親達は終戦によってそれまでの価値観などがひっくり返ってしまったわけで、当然子育てにもその影響が出るわけです。
 今更直せといっても直りませんからね、ウダウダ言ってくるのは厳正に対処させて頂きます。
 じゃないと、お参りの方の対応の矢面に立つ巫女さん達が可哀想ですからね。

境内はまだ雪景色

デスクには見本も貼って有ります
 
そして視察3日目 [平成31年2月9日]
 昨日は急遽延泊となり、初めて渡った初島から熱海の夜景。とても綺麗でした。
 夜景ってその場にいると見えませんよね。山頂から見下ろすか反対側で、特に対岸で見るのが一番綺麗です。
 よく100万ドルの夜景と言いますが、日本三大夜景とは神戸・函館・長崎だそうで、熱海などは後から「100万ドル組」追加されたそうです。
 因みに100万ドルの夜景のルーツなんですが、昭和28年頃に六甲山から神戸方面を見たときに約500万個の電球が使用されていてその電気代が約3億6000万円。
 当時のドルレートが360円だったことによるらしいです。以上豆知識でした。
 ここから本題(前振り長過ぎ)ですが、急遽延泊だったので今日はまったくのノープラン。
 さてどうしたもんかと頭をひねり、思いついたのが三島。東海道本線の長ーい丹那トンネルを通過すれば函南の次が三島じゃございませんか!
 なれば三嶋大社と名物の鰻で今日は充分。早速、熱海駅から電車に乗り三島へ向かしました。
 熱海駅のホームで待つに東京から伊豆箱根鉄道の修善寺行き特急がやって参りました。それに乗ると特急券は掛かりますが、三嶋大社の最寄り駅「三島田町」に停車するのです。
 乗ること18分で三島田町に到着。そして歩くこと7分弱で三嶋大社に到着しました。
 境内は新郎新婦が3組、祈祷受付も混雑しており・・・ 「しまった、今日は大安だった」と思うももう遅く、今頃うちのお宮も忙しいだろうなと。
 気を取り直して、御神前に進み参拝。こちらもあちこちのぞき込んで導線や語気との受付の仕方などをよく見させて頂きました。
 昨日もそうなのですが、私服の完全私的旅行なのでそういうときはあえて社務所には声を掛けません。忙しいときに顔を出されてもねぇ・笑
 参拝としっかり視察を済ませて三島名物の鰻で直会。三島は富士山からの雪解け水が伏流水となり街中を幾重にも流れています。
 その水で鰻を数日間泳がせて鰻独特の臭みをなくす手間を掛ける。これが三島の鰻が美味い理由。と書いてありました。
 宮司は白蒸し、禰宜は鰻重を美味しく頂き後は佐倉に戻るだけだったので、市内を少し散策していたところ、三島駅近くに大きな庭園を発見。
 名称を「楽寿園」といい、三島市立公園と記してありました。
 上記の通り、後は帰るだけですのでちょっと寄ってみるかと入園料を支払い入ってからパンフレットを見ると、なんとそこは旧小松宮別邸だったのです。
 知らなかったの?とありそうですが、全く知りませんで、広大な敷地には別邸がそのまま残されており、大きな池もある回遊式庭園を見ることが出来ます。
 別邸はボランティアの方が、定期的に案内してくれ、建設のいきさつから小松宮から李王家への譲渡、そしてGHQ接収から三島市が取得した歴史なども丁寧に説明がありました。
 旧宮邸の建造物が少なくなった今、この文化的価値は大変重いと感じます。
 大きな池は富士山からの地下水を水源として水をたたえていたのですが、昭和30年代から上流での工場建設や宅地造成により現在では年に1週間ほどしか水が無いそうです。
 また地下水が元なので水を入れても染み込んでしまい、地下水が上がらなければどうにも出来ないとの事でした。
 思いがけない見聞が出来、三島から滅多に乗る事がない東海道新幹線のひかり号に乗車して東京へ。そして総武快速線で帰倉しました。
 佐倉駅に降り立ちその寒さに凍えます。雪がだいぶ降ったようですね。幸い路面の凍結もありませんので無事にお宮に到着。
 帰社の報告をして智勇権禰宜と生き狛犬達の出迎えを受けました。
 今回の視察と見聞をしっかりと社務に生かして行くべく、少し頭の中を整理致します。
皆さん、おやすみなさい・・・

楽寿園(三島市サイト)
https://www.city.mishima.shizuoka.jp/rakujyu/

三嶋大社

三島の鰻

楽寿園
 
熱海ぶらぶら視察 [平成31年2月8日]
 昨夜はこれでもかと言うほど温泉につかりまして、やっぱり温泉って凄いですねあんなにゴリゴリしていた首筋がだいぶ軽くなりました。
 今日の予定は湯河原の隣、熱海のMOA美術館と来宮神社の参拝です。入れている予定はこれだけ!
 なんせポンコツ2人旅行なので早く動けない・笑
 いやそれは冗談で、余り行程を詰め込む旅行はもう卒業しようと。その土地の物をゆっくり見て美味しく食べる、そう切り替えました。
 あんまり急いで回ると、結局は何も印象に残りませんもんね。
 さて、MOA美術館は宗教家の岡田茂吉氏がその基礎を築いた美術館で、国宝3点を始め重要文化財と重要美術品、その他にも貴重な美術品を多数所蔵していることで知られます。
 特に今回は美術館リニューアル3周年記念として尾形光琳作国宝「光琳紅白梅図屏風」が展示されており、是非とも訪れたいと思っておりました。
 紅白梅図屏風は教科書にも載っている日本を代表する美術品の一つ。それが目の前で手に取るように観賞できるなんて。
 胸を躍らせ、それを鎮めながら薄暗い展示室に入ると目の前に現れる一双の屏風。色あせることのない紅白の梅とその間を流れる漆黒の中にも碧をおびた川の流れ。暫く言葉が出ませんでした。
 その嬉しさの中にもう一つ驚いたことが有り、MOA美術館では一部の作品を除いてフラッシュを用いない撮影を許可しているのです。
 もちろん入館者それぞれのモラルと譲り合いが前提ですが、その配慮にも感服しました。
 約2時間掛けて沢山の素晴らしい作品を鑑賞し、次ぎに向かったのは熱海で大人気の神社、来宮神社です。
 宮司は2年前にも参拝しましたが禰宜は初めて。連休前の今日ですが境内は道路に面した一の鳥居からすでに人集り。
 特にアラサー・フォーの女性が多く見受けられました。
 境内には撮影台が各所に設置されていて、そこで撮影した画像をSNSで♯を付けてすぐアップできるよう案内が書いてあります。
 またこの神社で一際人目を引くのが社務所。一般で言う神社建築ではなく例えるならスターバックスコーヒーの店舗のよう。
 授与所と祈祷受付も屋内なのでどのような天候でも対応が可能。たくさんの良いアイデアを見ることが出来ました。
 さて、今日はこれで佐倉に戻る予定でしたが、智勇権禰宜より入電が有り、降雪が見込まれる明日の外祭が全て延期となったと「なので今日は帰ってこなくても良いです」と。
 禰宜と顔を見合わせ「このあたりでもう一泊しましょうか」と熱海港から船で25分の初島に急遽宿泊することになりました。
 帰ってこなくて良い、息子も成長したもんです。

MOA美術館

光琳紅白梅図屏風

来宮神社