七峯の丘から
前の10件 | 次の10件

洗濯と初お散歩 [令和1年8月18日]
 昨夜、無事に来倉しまして麻賀多様に帰社のお参り。何かと盛りだくさんの日程で少し食傷気味ではありますが、良い会得をまた生かしてまいりましょう。
 と和んでいる時間が無いのが今日でして、明日からまた外出するため、今日のうちにこの4日分の洗濯物を片付けなくては成りません。
 なにせ真夏の京都。汗もかくかく滝のようでしたから、置いておく訳にはいかないのです。
 既に昨夜に1回洗濯を干し、タイマーを掛けて朝一で干せるようにセット。
 そして今日は洗濯機を2回回しましたので都合4回の洗濯物が干されたわけです。
 この状態で既に汗だく。洗濯物が増えておりますが、そんなの気にしておられません。兎に角干しまくったわけです。
 で、その足下には生き狛犬の令麻がチョコチョコ。洗濯干し場は社務所の脇ですので風通しもよく、地面に近いところは木片が敷いてあり涼しいのです。
 今日は令麻がハーネスを着けて初散歩の日。以前から珠京が散歩に行くのをうらやましがっていた令麻。
 走り回ると思いきや全く動かず。上のチョコチョコというのはほぼ匍匐前進でして、それを心配して珠京やって来るとやっと2,3歩歩く程度。
 珠京は比較的ハーネスに慣れるのが早かったのですが、令麻はどうも苦手のようで仕舞いにはうつぶせのまま欠伸をする様に成ってしまいました。
 この様な状態でも洗濯干しを終えて境内に連れて行くと珠京の後を追い数歩ずつ歩くように成りました。
 徐々に慣らして行き、来月には珠京と氏子町パトロールが出来るように成ればと思います。見かけた際はお声を掛けてくださいね。

汗の結晶です

歩かないもん!
 
コラボの面白さ [令和1年8月17日]
 なーがかった京都の滞在も今日で仕舞い。今回の上洛は宮司のちょっとした思いつきで一泊くらいでと考えていたのですが、職員達の配慮により三泊もすることになりました。
 台風10号の影響で鴨川の水流は早い状態が続いていますが、計画運転で運休していた山陽新幹線は通常に戻りました。
 15〜16日と西日本方面で移動を予定していた方には、本当にお疲れ様でした。
 週明けから仕事再開になるでしょうから、この週末はゆっくりと身体をやすませて、本当の夏休みにして下さいね。
 さて、最終日の今日は午前中に京都国立博物館で開催されている寄託品展を観覧。同館に預けられている名品を2時間ほどかけてゆっくり鑑賞してきました。
 午後からは南座へ。正式名称は京都四條南座と言います。
 元々京都にはいくつかの歌舞伎小屋が有りましたが、2つに集約され、四条通りの南北に設けられました。
 それが四条通りの拡張に伴い北座が廃止され南座に集約された歴史が有ります。
 場所も四条大橋の東詰。鴨川縁に破風の大屋根の姿はそれ自体観光名所となっています。
 平成30年まで大規模な耐震改修工事が行なわれ、同年11月に新開場されました。
 現在の公演は南座新開場記念「八月南座超歌舞伎」として中村獅童とボーカロイドの初音ミクが主演。
 実演とバーチャルがコラボレーションした新しい歌舞伎を行なっています。
 この超歌舞伎は平成28年にニコニコ動画の幕張で行なわれたイベントで実現し、昨年まで2日間限定で開演。大人気を博しました。
 そして今年からは場所を南座に移し、正式な歌舞伎演目として1ヶ月の公演と成りました。
 超歌舞伎の面白さはコラボレーションと共に観客を老若男女の広い世代に対象を広げていること。
 実際に観客には子供連れも多く、普段の歌舞伎公演では見られない若々しい空気を感じることが出来ました。
 あ、決して普段が悪いわけでは有りませんのであしからず・笑
 もう一つは、演者と観客が一体となって公演を盛り上げていくというもの。
 大向こうという掛け声も普段はなかなか掛けることも出来ませんが、超歌舞伎ではどの場面でも「これは!」と思ったらどんどん掛けて!と獅童さん。
 因みに中村獅童さんは万屋(よろずや)、初音ミクさんは初音屋、機械演出のNTTは電話屋が掛け声でした・笑
 一体と言えば忘れちゃいけないペンライト「サイリウム」を観客が振るんです。
 まあ普通の歌舞伎では考えられませんが、それが超歌舞伎。古典芸能のようで常に新しいものを取り入れてきた歌舞伎本来の姿を体感できた公演でした。
 コラボと言えば最後にもう一つ。宮司はトリスハイボールが好きでして、滞在中にもよくコンビニに寄っていたのですが、そこで目にしたのがご飯に掛ける「三島のゆかり」と「パイン飴」が酎ハイになっているコラボ商品。
 あまり奇をてらうものは買わない性分ですが、これは気になった。
 早速購入して飲んでみると、確かにその味がするのです。そして美味しい!
 当然酎ハイに合うようにアレンジはしてありますが、元の商品の味わいと特徴をよく表現しています。
 このゆかりの酎ハイ。昨年の販売開始後すぐに売り切れとなり販売見合わせ。今年再販売されたという金字塔を立てています。
 1+1=2ですが、コラボレーションによってその可能性が膨らむ好例を体感した一日。
 その裏側に有るよく練られた戦術をどう体現していけるのか、安易なノリではいコラボレーションを模索して参ります。

超歌舞伎 https://chokabuki.jp/

公演の最後には写メも撮れます

しっかりした1品です
 
送り火に思う [令和1年8月16日]
一昔前は夏と冬の京都なんてそれこそ枯れ枯れで、日本人さえ観光に行かなかったのに、JR東海の「そうだ、京都行こう」と長塚京三さんの声に導かれ、そして語弊を覚悟で書きますが、季節感のない方々が襲来してにっちもさっちもの京都。
ただ幸いなのが、勝手にファビョ(火病)る朝鮮半島からの方々が少なくなって、結果として大陸や台湾の方々も今までより少しゆっくり観光が出来ているようです。
盆も終わり今日はご先祖様をお見送り。宮司の生家は今日の今日早朝に送り火を焚きお見送りします。
滞在している京都は五山の送り火でお見送りという事で、鴨川べりは多くの人出がありました。
タクシーの運転手さんに聞いたところ、高齢でお身体の効かない方も、その時間は五山それぞれの方向に向かい手を合わすとか。
今日の日中は東福寺と泉涌寺を巡りまして、神仏分け隔て無く御霊慰めのお参りを致しました。
東福寺では盆のお供えの回収と施餓鬼
の受け付け。そして、それこそJR東海のコマーシャルでも紹介された通天橋と青紅葉を楽しませて頂き、その足で泉涌寺へ。
泉涌寺は皇室の菩提寺として歴代天皇と皇族方の御位牌を御祀りし、境内には四条天皇から幕末に至る歴代天皇の御陵と皇族方の御墓があります。
孝明天皇や明治天皇の御陵も近くにあり事。そして泉涌寺境内の霊明殿には明治時代に制定された皇室祭祀令にのっとる四代の陛下がお祀りされている事を思うに、気の引き締まる思いですお参りい致しました。
因みにと付け加えるのは甚だ恐縮ながら、泉涌寺にある御陵(現在は宮内庁管轄)には5月1日をもって御譲位された上皇陛下の前回。202年まえに御譲位あそばされた光格天皇の御陵もあります。
平成から令和。その年に上皇陛下が譲位にあたり、その次第を規制のある現憲法下で出来うる限り参考にされた
光格天皇の御陵に額付く事。改めて有り難くかたく思います。
天壌無窮

泉涌寺仏殿

拡大してご覧ください

霊明殿奥の御陵と墓所
 
玉音放送を拝して [令和1年8月15日]
昨夜より宮司と禰宜は上洛しております。台風10号の来襲により東海道新幹線の車内でも今日の変則ダイヤや既に報道されている山陽新幹線の運休などが断続的に伝えられておりました。
幸い予想よりも被害は少なそうですが、亡くなられた方もいるそうです。ご冥福を祈ると共に明日は穏やかな日となりますよう。
大東亜戦争の終戦から74回目を迎えました。京都には東山に御英霊と幕末の志士達も祀る京都霊山護国神社があり、終戦の日を中日としているみたま祭りが行われています。
今日は戦没者追悼式が斎行され、修祓の後に終戦の詔勅を当時のラジオ放送そのままに玉音を拝し奉り、正午より黙祷を捧げました。
終戦の詔勅には「東亜の安定」を実現する為に開戦の詔勅が発せられた事。そして皇国の存亡が極まるに至り終戦の詔勅が発せられた由が述べられていました。
戦争は相手のある事であり、その理由は複雑に絡み合います。勝った負けただけの単純な事では無いのです。
今、私達が安寧に暮らせるのは多くの御霊に支えられているから。
改めて御英霊の御霊安らかなる事。戦没者の冥福を心より祈奉ります。

京都霊山護国神社
http://www.gokoku.or.jp/index.html




 
盆の中日 [令和1年8月14日]
なんでも台風10号が西日本に.それも、四国を直撃するとかしないとか。台風の進路にあたる皆さんはお気をつけ頂くと共に、被害が最小限に止まりますよう願っております。
今日は盆の中日。宮司家も昨夜、佐原の生家に赴いてご先祖様にお参り。そして恒例の一族大納涼会をしてまいりました。
酒席の多い宮司ですが、やはり親父と実弟と交わす盃は格別なものがあります。
開宴後しばらくして、話題はお祭りの事に。そこに神話も入り込んできまして、酒の肴には事欠かない一家でございます・笑
さて、お盆の少し前になりますが、此の一年で神葬祭を奉仕したお宅では新盆祭が行われます。
ご自宅の祖霊社か奥津城(お墓の事)で斎行しますが、猛暑の中にあっても、玉串奉奠の際には一抹の涼風が吹く事が多々あります。
「皆さんのご先祖様へのお気持ち、空の上から嬉しく思われてるのでは」と祭典後のご挨拶で申し上げるのですが、眼に見えないご存在が常に見守り下さっているんですね。

迎え火の 煙ひとすじ 神酒交わす

お墓の形も様々になりましたね
 
印旛神青納涼会 [令和1年8月13日]
 立秋を過ぎたせいか少しく夕方の風が涼やかに感じるようになりました。
 でもまだまだ暑いのは変わりませんね。熱中症には十分注意。水分とミネラル分の補給を気にかけましょう。
 そんな夕刻の風に吹かれて昨日は智勇権禰宜と共に成田まで出掛けて参りました。
 佐倉からだとJR線か京成線となりましが、本数は断然京成の方が多く、神社から駅までも京成の方が3分ほど近いのです。
 さて、向かった先は神社庁印旛支部の青年会である印旛神青会の納涼会。本来は禰宜も参加する予定でしたが、直前になりお腹が痛〜いと言い出して生き狛犬達と共にお留守番となってしまいました。
 今回の納涼会はこの3月で親会の千葉県神道青年会を卒業した宮司と印西市船尾の宗像神社宮司である船穗正幸さんの卒業祝いも兼ねてだそうで、後輩達に気をつかわせてしまいました。
 今回は12名が参加。気の置けないもの同士、いつもながらにわいわい楽しくやって来ました。
 今年度は千葉県神道青年会の創立70周年という記念の年。記念事業や式典もあり現役世代はのその準備に勤しんでおります。
 一杯やりながら、その進捗状況や相談事なども良い肴。
 卒業の両人は親会の会長もさせていただき、その際には周年式典なども経験しましたので、相談事には何かと便利なのです・笑
 親会は卒業しましたが印旛神青の方はオブザーバーという酒肴料係になりますので、これからも声が掛かるそうです・大笑


 
母ニャンとSNS [令和1年8月12日]
 アブラゼミとミンミンゼミが混在しながら、それなりのハーモニーを織りなしている当社です。
 アブラゼミは夏の初め、ミンミンゼミが鳴き始めると夏休みの宿題の進み具合が心配になったものですが、この数年は両方同じ時期に鳴き始めていますので、季節感が薄れていくのを感じます。
 さて、七峯でもよく取り上げる題材にSNSがあります。
 当社もこのHP始めFacebookやInstagramを活用して情報発信をしておりますが昨日かな、インスタに狛猫の母ニャンがアップされていました。
 インスタはキーワードに「#・ハッシュタグ」を着けると膨大な記事から検索が出来るようになっており、#麻賀多神社でも当社のことが沢山アップされています。
 それで時折、#を着けて当社関連のキーワードを検索してみると、かなりな確率で母ニャンやスルメのアップが引っかかります。
 元々人懐っこい性格の2匹。ノラで猫ですが当社に来ればほぼ会うことが出来るので、お参りされた後に狛猫達の撮影している姿も沢山見ます。
 先程の母ニャンのアップですが、当社のインスタを見ていつか会いたい思われ、念願叶って参拝。そして母ニャンにも無事会えたという内容でした。
 そして付け加えてあったのが、数年前まで飼っていた猫が母ニャンにそっくりだったそうで、尚更思いが募ったそうです。
 この狛猫達も結構いい年になってきました。健康では有るようですが毛色もなんとなく薄くなってきたり、スルメは元々持っている眼病が進行したりと。
 猫達は気ままですのでふらっといなくなったり戻ってきたり。もしかしたらもう旅立ってしまったのでは無いかと思うときも有ります。
 なので、境内で見かけた際は成るべく騒がず、見守ってあげて下さい。
 もちろん、優しく撫でて貰うのは大好きですので(^_^)


 
踊る権禰宜 [令和1年8月11日]
宮司二日酔いです。
なんともだらしない書き始めですが、昨夜夏恒例の鏑木町盆踊り大会がございまして、智勇権禰宜と共に参加してまいりました。
この盆踊りは大神輿奉昇員である鏑木青年会とそのOBが主体となり実行委員会を組織。鏑木町祭礼委員会が協力して行われます。
開会式では斎藤実行委員長、山田祭礼委員長、そして宮司が挨拶をして、盆踊りが始まりました。
盆踊りは炭坑節や東京音頭が定番ですが、加えて佐倉は佐倉音頭がなくてはなりません。
ご当地音頭ですので佐倉の四季や年中行事を歌詞に織り込み、とても楽しい曲となってます。
当然、当社の御祭礼も歌われていますが、大サビには大神輿の掛け声である「さらば久しい」が実際に聞こえる「さぁらばさし」として使われているんです。
佐倉音頭は市内の小中学校の運動会でも踊られ、佐倉っ子なら誰でも自然と体が動きます。
なので、智勇権禰宜も本部席にいたのは僅かな時間のみで、あとはずーっとやぐらの周りで踊り続けておりました。
この間宮司は役員や来賓方とずーっと呑みっぱなしで、書き出しのような朝を迎えたわけでございます。
因みに智勇権禰宜は筋肉痛の朝を向かえたと申しておりました・笑
鏑木は盆踊りが終わるとお祭りの準備が本格化します。今年もいい渡御を期待してますね。

踊る権禰宜

西田市長と共に
 
百面相 [令和1年8月10日]
 皆さん、毎日の暑さで熱中症になっていませんか?
 エアコンのある方は遠慮無しに冷房を入れましょうね!
 毎年熱中症で搬送されてる方の多くは、なんと自宅内で倒れており、尚且つエアコンが有るのに使用していないケースが散見されるとか。
 熱中症対策のエアコン、電気はジャンジャンつかえば良いんです。
 「もったいない」は日本人の美徳であり、国連でも食料問題などで使われている日本語ですが、エアコン代をけちって命を削ってはもともこもありません。
 なので、ジャンジャンエアコンをつかいましょう!
 さて、今から3年ほど前になるでしょうか、宮司は痛風を発症しまして、8日の七峯でも書きましたが、それ以来毎月主治医の菅谷先生で定期検診と血液検査をして貰っています。
 実は8日の検査で尿酸と筋肉を組織する細胞の数値に異常が出てしまい、再度血液検査をすることになりました。
 尿酸値に関しては暑さの発汗による体内水分の減少で夏場はどうしても上がってしまいます。
 これはすぐ解決できるのですが、驚いたのは筋肉の細胞の方。
 異常数値が続くと筋肉が崩壊してしまい、歩行も困難になるとのこと。
 これは一大事と原因を探すに、なんと4日に八日市場で御神輿を担いだ後の筋肉痛で有ることが判明。
 確かに結構な筋肉痛にはなりましたが、異常数値が出るほどだったとはビックリ仰天です。
 まあ、そんなこんなでこの3日間は毎日採血をして帰ってきたのです。
 家に戻ると生き狛犬の珠京が心配そうな顔で飛びかかってきます。なんとも可愛く、嬉しいですよね。
 早速抱っこをして撫でていると、採血した場所に貼ってある脱脂綿が気になる様子。
 なんだろな〜から、一気に臭いをかぎに来たのですが、あまりお好きでは無い香りだったみたいで、暫く近づいてきませんでした。
 チワワを飼い始めて早15年になりますが、飼うまではこんなに表情豊かだとは知りませんでした。
 この子達の百面相を沢山見るためにも、改めて普段からの体調管理をしっかりとやって参ります。
 しかし、笑わせてくれる珠京の百面相。あのアンニュイさがたまりません!

左から順に
 
本日雑感、でも網戸 [令和1年8月9日]
 長崎も74回目の原爆忌を迎えました。亡くなられた方のご冥福と後遺症と共に過ごされている方々にお見舞いを申し上げます。
 アメリカ軍による原爆投下についてはいくつかの候補地があり、長崎の順位は低かったそうです。
 計画では現北九州市の小倉あたりが投下地となっていたのが、小倉の天気が重い曇天で視界が悪く急遽長崎に変更になったとか。
 結構有名な話ですが、これを聞いた長崎、そして小倉の人はどう思われたのでしょうね。
 二度と核兵器が使われない事をただ願うばかりです。
 今日の宮司はいろんな来客の対応に追われる一日と成りました。
 元々アポイントを取っていたものや急遽の来客など、あっという間に夕刻となり、七峯を書きながら今日一日の出来事を整理している最中です。
 主だっては七五三とお正月に関しての広告掲載の打ち合わせ。そしてテレビ東京「朝の散歩道」の収録立合い。
 テレ東については当初宮司が出演する予定でしたが丁度社頭対応で智勇権禰宜がおりましたので、案内人の鈴木拓さんとの相手をさせまして、宮司は奥でその様子を見ておりました・笑
 番組の放送日程が決まりましたらご案内しますね。
 さて、午後5時も近くなりそろそろ社務終了に取り掛かろうかと言うときにまた来客。
 智勇権禰宜から手渡された名刺には「東京大学」の文字と校章の銀杏の葉が。
 普段あまりお付き合いの無いところなので、なんだろうと思いつつご挨拶に出ると、印旛地域の地震について過去と現在の揺れの違いなどを調べているそうで、境内への地震計設置の依頼でした。
 詳しく書くと結構長くなりますので、内容は設置予定日の9月下旬にアップすることにしますね。
 そうそう、宮司宅で今日一番重要な件は玄関に網戸が設置されたこと。
 施工は地元の幸田建窓。社長は元鏑木青年会赤襷の幸田和巳さんでございます。熱い中の作業、お疲れ様でした。
 これで玄関を開けてても生き狛犬達が飛び出す心配が無くなりました!

今日も頑張る幸田建窓