七峯の丘から
前の10件 | 次の10件

打ち水してます [平成30年7月19日]
 毎日毎日、暑さの書き出しで恐縮ですが、日本全国この陽気ですのでご容赦願います。
 しかしまあ、暑いですな。西日本の豪雨では関東でもそれなりに雨が降ったのに、ここ数日は夕立も無く、地面はカラカラです。
 朝の境内清掃の際には土煙が上がることも珍しくなく、災害復旧の現場ではもっと凄いんだろうと思って箒を握っております。
 その土煙を押さえるのと、涼を感じるために一日2回ほど打ち水をしております。
 元来、打ち水はその場所を清める神道的な意味合いがありました。また来客の際に玄関先に打つのは清々しく出迎える心遣いです。
 この打ち水、近年では地球温暖化とヒートアイランド現象への警鐘を兼ねて、イベントとしても行なわれています。
 特に都心部で多くやられているようで、夕方のニュースでもよく流れていますね。
 では打ち水はいつやるのが良いのでしょうか。実はこれが相反する2つの説があるのです。
 一つはまた気温の上がっていない時間帯に行なうことによって、気温の上昇を抑えるというもの。水の蒸発もゆっくりなので持続性があるという考えです。
 もう一つはその真逆で、輻射熱を減らすために暑くなってから散水するというもの。こちらは水の蒸発で熱が奪われて冷やすという考え方です。
 両方ともそれなりの理由がありまして、どっちが正解とも言いにくいですね。ただ共通点は、アスファルトで舗装された道路にはしない方が良いと言う事です。
 これは水によってアスファルトが鮮やかに黒くなることによって太陽熱の吸収が高くなりより熱くなるのだとか。
 東京での打ち水イベントは殆どこれじゃ無いかと思いますが、最初に書いた警鐘を鳴らすとの意味合いが強いんでしょうね。
 さて、今の時間は午後4時50分。御殿を閉める準備と、夕方の打ち水を致しましょう。


 
寄せ植え頂きました [平成30年7月18日]
 余り知られてないのかどうか判りませんが、佐倉市と隣の酒々井町はビニルハウスでの花栽培が結構盛んです。
 宮司が奉仕する本務・兼務神社管内でも胡蝶蘭やシクラメンを始め、いろいろな花の栽培を見ることが出来ます。
 昨日の話になりますが、宮司が所用で外出している時に、酒々井町本佐倉の氏子さんより栽培した花の寄せ植えを一対奉納頂きました。
 今年が初めてでは無く毎年夏を迎える、今年はもう真夏ですが今の時期に奉納してくれます。
 当社でも神様から一番よく見えるようにするのは当たり前ですが、お参りの方の目の和みにと境内中段の左右に飾っております。
 この場所は時間によっては直射日光もありますがほぼ半日陰。今の天候を考えると風通しも含め一番良いかなと思います。
 ただ問題点がありまして、狛ネコ達が花を食べてしまうことがあるんです。困ったもんですが、動物が食べる事を考えると皆さんに安心して進められる花なんだと判りますね。

写り込んでますが
 
蝉でおセンチ [平成30年7月17日]
 まだ夏休みまで数日有るというのに、境内では真夏のごとく蝉が鳴いております。まだまだピークの五月蠅さではありませんが、朝早うからジージーミンミンと。
 宮司は知らなかったのですが、というか知らないことばかりで恐縮ですが、蝉は分類するとカメムシ目のセミ科に分類されるそうです。
 カメムシ・・・・ どうしてもあの臭いが先に漂ってきそうですが、タガメやアメンボも仲間らしく、口が細長く針のようになっている種類とのこと。確かに蝉の口は針のような感じですね。
 今、境内で盛んに鳴いているのはジージーのアブラゼミ。その名の由来は油を熱した時に撥ねる音に似ているからとの説が有るそうです。
 その次がミンミンゼミ。宮司が幼い頃はミンミンゼミが主流だったような記憶があるのですがどうなんでしょう。気候の変化か、その数が逆転しております。
 ですが、今年の境内は少し違うかな。アブラゼミが主流なのは変わりませんが、昨年までたましか聞こえなかったミンミンゼミが結構な比率で鳴いております。
 蝉は成虫として地上で活躍するまで地下生活をしています。アブラゼミで6年、長いものでは17年という記録もあるそうです。
 その反面、成虫になってからは1週間くらいと短命と言われておりますが、実はこれ俗説で、自然界だと1ヶ月近く生きるのだとか。
 成虫の飼育が非常に難しいので、虫取りで捕獲するとすぐ死んでしまうことによるそうです。
 今朝、新聞をポストに取りに行くと、玄関先の階段にアブラゼミのなきがらが転がっておりました。
 今年の夏は早いのですが、このこは一番手くらいで地中から出てきたのでしょうか。
 ジージーとしっかりと鳴いて良い伴侶に巡り会え、子孫を残せたのかな。そうあって欲しいと朝から少しおセンチなりました。


 
御朱印グルメぐり社寺編オンエア開始 [平成30年7月16日]
 今日は海の日と言う事で、猛暑にもかかわらず御朱印を受けに来られる方がいつにも増して多いです。
 皆さん額に汗してのご参拝、まことにもってお疲れ様でして、水分と塩分の補給をしているのかと心配しながら筆を執っております。
 さて、先月収録したケーブルネット296の新番組「御朱印グルメぐり」の社寺編が今日からオンエアとなりました。
 社寺編第1回目は当社と甚大寺です。当社は佐倉藩総鎮守であり、甚大寺は藩主堀田家の墓所がある寺院で、共に佐倉藩を形成するなかで欠かせない存在です。
 因みに昨日まで放送されたプロローグ編は、出演しているドドんの2人とふっふぃーこと寺嶋由芙さんが博物館施設である「房総のむら」で御朱印帳を作成するというものです。
 放送は下記の通りです。全国ネットではありませんが視聴できる範囲の方、どうぞお楽しみに!

・ケーブルネット296 地上デジタル11
・7月16〜31日
・時間 11時30分と21時30分の2回

これは予告編
 
兼務社夏祭り [平成30年7月15日]
だからあんなに呑ませるなと言ったのに・・・

 昨日分から読んで下さい。里帰りはついついおささも進んでしまいまして、今朝は少しく胃が重いです。
 ではありますが、麻賀多様に朝のお参りをしますとしっかりせい!とは聞こえませんが、背中がしゃきっとします。
 7月15日は全国の夏祭りが一番多い日。当社関係でも4社が夏祭りとなります。
 それに加えて、県道の歩道拡張工事が計画されている酒々井町上宿の八坂神社は今日が宮なぎ。大掃除の日ですが、これに併せて鳥居と道路に面した石垣の移設工事始め報告祭を齋行しました。
 智勇権禰宜が祈祷番をする中、宮司と武内権禰宜で兼務社回り。夕刻に顔を見合わせるに白衣から塩が吹き出すくらいの感じでした。
 上記にもありますが、今日が夏祭りのピーク。この猛暑の中、氏子さんの奉仕はもとより自治体や警察、そして地元消防団の皆さん、本当にありがとうございました。
 そして全国の神主諸兄、奉仕お疲れ様でした。寝ましょう!

酒々井上宿 八坂神社

酒々井墨 六所神社
 
埴生神社宵宮 [平成30年7月14日]
 宮司が佐倉に赴任までお世話になった、成田総鎮守の埴生神社。「はぶじんじゃ」って読むんですよ!
 明日の大祭式を前に今夜は宵宮。この時期はお祭が重なるので顔を出せないこともありますが、今夜はちゃんとお参りに行ってきました。
 埴生神社は成田市郷部に鎮座しており、郷の部ですので、今の成田が形成される前から鎮座している神社。勿論、成田山新勝寺は氏子になります。
 御祭神は「埴山姫命・はにやまひめのみこと」で、麻賀多神社の御祭神「稚産霊命・わかむすびのみこと」の母神にあたられます。
 埴生神社の宵宮は「ほおずき朝顔市」が開かれ沢山の参詣者が訪れます。今夜も境内には威勢の良い声が響き、宵宮を賑やかせていました。
 宮司はお参りの後、御神酒の奉献をして社務所で宮崎慶治宮司と先代で今は隠居さんと呼ばれている廣一郎先生(宮司の元上司で仲人さん)と膝を交えて懇談させて頂きました。
 明日は午前9時ころから大祭式。そして御神輿渡御となります。御神輿は氏子町を渡御しますが、途中には新勝寺の噴水公園と総門からの堂庭で御駐輦。その際はお坊さん方から丁寧な接待をして頂きます。
 宮司は埴生神社在職中には御神輿の渡御は一回だけの奉仕出したが、新勝寺さんの氏神様に対する信心な姿を今も忘れません。
 いや、今夜も沢山頂きました。里帰りをした気分です。
 皆さん、あんなに呑んで明日は大丈夫なのかと、そして私も明日は兼務社の夏祭が続くことを心配しつつ、表参道を京成成田駅に歩くのでした。

成田総鎮守 埴生神社
http://www.habujinja.or.jp/

大幟が格好いいです!
 
葦簀を掛けました [平成30年7月13日]
 今日の佐倉は最高気温が34℃。真夏ですよ真夏。
 この暑さの中、平日ですのでお参りも少ないなぁと社務所で巫女さんと話しておりましたら、まあ御朱印の方が来ること来ること。皆さん、額に汗してお参りされる姿に、神主思わず頭が垂れてしまいます。
 だって、巫女さんと話していたのは「この暑さではお参りには行かないよね。自分だったらもう少し涼しくなってから云々」ですから・笑
 暑いのは人間だけではありません。社務所隣で飼っている金魚も直射日光を浴びて水がぬるま湯状態に。
 金魚は温度変化には強く、運動も活発になり餌もよく食べます。ですがこのままだと煮上がってしまうと、葦簀を掛けて日陰を作ることにしました。
 金魚鉢が半分ほど隠れるように葦簀を掛けると、5匹の金魚は一斉にその下に入りました。やっぱり暑かったんですね。
 でも餌が欲しいのですぐにまた出てきてしまいました。宮司と同じで食いしん坊なんですね。
 来週あたりは3分の1くらい水替えもしてあげましょう。その時は宮司が額に汗します。


 
ライオンズクラブ新年度始動 [平成30年7月12日]
 宮司の所属している佐倉ライオンズクラブ(清宮芳雄会長)の新年度第1例会が昨夜開催されました。
 ライオンズクラブは期首が7月でして、当然期末が6月。要するに12日前までは2017年度(鈴木行夫会長)だったわけです。
 クラブの役職は会長を筆頭に色々あるのですが、会長・幹事・会計がクラブ三役と呼ばれ、会務の中心となります。
 昨年度、宮司は会計を仰せつかっており、この数日間は決算書作成に明け暮れておりました。
 勿論、社務が優先ですので夜中まで作業をした日もあり、夢の中でも数字をいじっていたこともありました。
 例会の前には理事会があり、そこに決算書を提出。勘定科目の振り分けで若干の指摘を頂きましたので、今日はその修正作業を行ないました。
 クラブ三役は新年度の第1例会で新役員に役職バッジを引き継ぎます。宮司も新会計にバッジを引き継ぎ、返礼としてライオン像ののった盾を頂きました。
 そこには「佐倉ライオンズクラブ 第52代会計 宮本勇人」とプレートが有り、胸がジーンとしました。
 いずれは幹事と会長がまわってきます。3つの縦をちゃんと並べられるよう、これからも奉仕の精神でライオンズライフを送りたいと思います。

ライオンズクラブ国際協会は世界最大の社会奉仕団体です。
http://www.lionsclubs.org/JA/


 
昼餉からの床屋 [平成30年7月11日]
 まだ7月も半ばだというのになんなんでしょうこの暑さは。水害に遭われた地域では暑さで乾いた泥が粉じんが舞っていることと思われます。作業にあたっている皆さん、本当にお疲れさまです。
 さて、ここ数日宮司は何かと慌ただしく、細かい用事が立て込んでおります。そこにこの暑さですので、頭もボーッとしてきまして、気分転換も兼ねて散髪に出掛けました。
 床屋さんは神社から徒歩3分にある並木町のヘアーサロンコイデ。もちろん氏子さんですし、神社やお祭のことも一生懸命やってくれる大切なご家族です。
 この暑さと書きました。考えることはみんな一緒で平日の昼間だというのにお店は満員。4,50分待ちとの事でしたので、先に昼餉を済ませることにしました。
 向かった場所は佐倉人なら誰もが知っているJR佐倉駅近くの老舗大衆食堂「幸龍」。この名前を聞いて「お!」と思うか、クスッと笑うかが佐倉人です。それだけみんなに親しまれているお店なんですよ。
 店に入るとご近所さんが沢山。昼間っから一杯引っかけている方もおり、お勧め頂いたのですが社務の都合、心ならずも丁寧にお断り致しました・笑
 昼餉を済ませ再度コイデさんへ。先ほどの混み具合はどこへやら、貸し切り状態で気持ちよく散髪をして頂きました。
 個人経営のお店が少なくなっている今、神社から歩いて行けるところに氏子さん達が頑張ってお店をやっている。嬉しくも有り宮司もより一層街の賑わい貢献していかなければと感じた次第です。
 因みに幸龍で食べたのはもやしそば650円でございました。


 
きくらげ狩り [平成30年7月10日]
 木耳と書いて「きくらげ」と読みます。木に生えている感じがまさしく耳の様なので、上手いこと当てはめたなと感じます。
 佐倉市太田にある佐倉きのこ園。椎茸の出荷はもとより椎茸狩りやバーベキューも楽しめるところで、観光スポットとしても有名です。
 佐倉きのこ園のFacebookを見ますと、今年からきくらげ狩りなるものが始まったようで、無類のきくらげ好きな禰宜に話しますと、即乗ってきまして今日の午前中に行ってきました。
 どんな感じかと言おうと、菌床にきくらげが生えておりましてそれをもぐ。簡単にプリッと取れます。
 この猛暑で椎茸の発生が激減しており、その分きくらげ狩りということなんですが、いかんせんまだきくらげの菌床が少なく、午前の早めに行かないと終了と言う事もあり得ます。
 さて、肝心の食味ですが乾燥を戻したのとは違い歯触りがプリプリです。卵とじでもいいですが、今日はあえてすまし汁に入れて頂きました。また近々行くことになりそうです・笑

佐倉きのこ園
https://www.kinokoen.jp/

ルンルンの禰宜