お知らせ
前の10件 | 次の10件

令和6年水無月のしあわせ月もうで御朱印 [令和6年5月31日]


水無月の「しあわせ月もうで」は

北陸のお友達と
 すずちゃんに
  乗ってGO!

です。

今回のしあわせ月もうで御朱印は北陸復興支援バージョンです。

能登須須神社のイルカのすずちゃん
とても可愛いですね。

その背中に、須須神社のたかくらさ様と
麻賀多神社の生き狛犬たまきくん
そして金沢石浦神社のきまちゃん

みんなでどこにお出掛けかな?

青や紫の紫陽花の花言葉は
「辛抱強い愛情」です。

復興までまだまだ長い道のり
みんなで手を取り合って進んでまいりましょう!

※須須神社(すずじんじゃ)は珠洲の語源となった神社です。
 
夏越の大祓(6月30日) [令和6年5月30日]



めぐる順序は看板を参照下さい

ご不明な点は社務所まで

ペット形
夏越の大祓〜なごしのおおはらへ〜

 半年分の罪や汚れを人形(ひとがた)に移し祓い清める儀式です。
夏を迎えるにあたり心身ともに清々しくしましょう!!
また、参道には茅の輪を設置してありますので、人形を持って輪くぐりも行いましょう。

式典は6月30日午後5時30分に齋行します。
どなたでもご参列いただけます。

※大祓式の茅の輪くぐりは、宮司を先頭として、通常の要領で行ないます。

〜人形の受け方〜(6月1日〜30日まで)
・社務所で家族分の人形を受ける(ペット用もあります)
・氏名生年月日を記入
・記入した人形で身体を拭い息を吹きかける
・6月30日午後5時までに社務所にお持ち下さい。

初穂料 1家族500円。
「夏越の茅の輪守」をお渡しいたします。
 
安産祈願(6月と7月の戌の日) [令和6年5月23日]

「戌の日には幟が立ちます」

「腹帯布守」

「御祈祷専用安産絵馬」

「御祈祷専用の御守」

「戌の日御朱印も頒布します」

7月21日は「戌の日猫の日御朱印も!!」
6月の戌の日
3日(月曜日)15日(土曜日)27日(水曜日)

7月の戌の日
9日(火曜日)21日(日曜日)

安産祈願には御神札・安産御守・腹帯布守・安産絵馬がつきます。
(※腹帯布守は、秋の大祭で大神輿の担ぎ棒に巻かれていた晒を安産祈願用に奉製した御守です)

御祈祷の際は腹帯を持参してください。
腹帯の形状は問いません。
(サラシ・腹巻き状・ガードル式・ベルト式など、実際に妊婦さんが使用するもの)
※腹帯を使用しない方は持参不要です。

尚、戌の日以外でも安産の御祈祷や、
神札・御守の授与を行なっております。

・平日の御祈祷はご予約をいただくと、待ち時間無くご案内が出来ます。

※一組の昇殿人数は、妊婦さんを含めて大人が6名。お子さんが居る場合はその数に含めません。

麻賀多神社社務所 043(484)0392
電話受付 9時より17時まで
 
お祓い房州うちわ頒布 [令和6年5月19日]


 今年も5月19日より「お祓い房州うちわ」の頒布を始めます。
 日本三大団扇の一つに数えられる「房州うちわ」。丸竹を割いた美しい窓も特徴の一つです。
 地域振興に合せて、あおぐ涼雨にて無病息災を願います。
 この頒布活動は、千葉県女子神職会が主催しており、表面は共通で、裏面は頒布各社オリジナルです。
 当社では2種類の絵柄を準備。もちろん禰宜画伯の作画です
 県内16社で頒布を行ないますが、各社で頒布時期が異なります。
また限定数がありますので、ご所望の方はお早めにどうぞ。

初穂料共通 2000円
 
復興支援かけ橋朱印帳 [令和6年5月4日]

「一緒に進もう!!」
 今年の元日に発災した能登半島地震の復興支援活動の一環として、新たに朱印帳を作製致しました。

復興支援かけ橋朱印帳
「一緒に進もう」

 佐倉麻賀多神社の生き狛犬たまきくんと、金沢石浦神社の公認マスコットきまちゃんが表紙を飾っております。

初穂料2000円です。

※初穂料の一部は金沢石浦神社を通じて、北陸復興支援に使用させて頂きます。
 
令和6年御例祭について [令和6年4月28日]

「例大祭大祭式」

「還御の様子」
 本日、麻賀多神社総代会総会を開催。秋の御例祭において本年の大御神輿渡御の準備と日程が決定しました。

尚、時間等変更の可能性があります。

無事に齋行出来ますよう、皆さんのご協力をお願い致します。

・大年番 正・間之町 副・野狐台町

・例祭期間 10月11〜16日
※佐倉の秋祭りは11〜13日となります。

・大祭式  10月11日午後1時半斎行

※大神輿渡御
・発輿祭  10月11日午後3時
・御旅所発輿祭  13日午後4時半
・還御祭     同 日午後10時頃

以 上

明神祭りさらば久しい!!

 
新社務所建設奉賛のご案内 [令和6年3月6日]


 かねてより計画をしておりました、新社務所兼神輿倉の建設について、広くご奉賛事業を行なうことと成りました。
 現在の社務所は昭和5年(1930)に建てられ、耐震基準を満たすことが出来ず、また待合い施設も無いことから、ご不便をお掛けしております。
 新社務所は災害対策も考え、1階は鉄筋コンクリート作り、2階は木造としております。
 また併設する神輿倉(文化財収蔵庫)には、千葉県内最大級の大神輿と甲冑2領(千葉県指定文化財・佐倉市指定文化財)の常設展示を予定しております。
 詳しくは添付画像をご覧頂き、建物のコンセプトや、竣工後の活用方法のご理解を賜りたく存じます。
 いまだ景気回復の光が弱い中での奉賛事業になります。
 皆様のお力添えをなにとぞよろしくお願い致します。

令和6年3月吉日
麻賀多神社 宮司   宮本勇人
新社務所建設奉賛会長 岩渕琢磨

建設スケジュール(予定)
・令和6年4月 本体着工
・令和7年3月 本竣工
建設予算
・総事業費   2億円
・奉賛寄附目標 1億円

※奉賛金は社務所にて受け付けております。(郵送可)
 振り込みをご希望の場合は、社務所宛てメールでご連絡下さい。
 また、氏子町では神社役員などが奉賛のお願いにあがる予定です。
 昨今の状況を鑑み、ご協力頂ける範囲でお力添えをお願い致します。

麻賀多神社アドレス koho@makata.jp
 
佐治家奉納具足佐倉市文化財指定 [令和6年3月2日]

「具足一式」

「陣羽織」

「陣笠」
 当社所蔵の「紺糸威桶側胴具足」※と「武具類」が、令和6年2月22日付をもって、佐倉市指定文化財(有形・工芸)に指定されました。
 この具足は佐倉藩、そして藩主堀田家の重臣であった佐治家より、明治39年に武具と共に当社へ奉納されたものです。

 現在は非公開ですが、新社務所竣工の後は併設される文化財収蔵施設にて公開予定です。

※「こんいとおどしおけがわどうぐそく」

詳しくは佐倉市のHPをご覧下さい。
https://www.city.sakura.lg.jp/soshiki/bunkaka/bunkazai/18771.html
 
新入園・入学のおはらい [令和6年1月25日]




 4月に新入園・入学を迎えるお子さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。

 麻賀多神社では入学を前に登下校の交通安全と学業成就のお祓いをしています。

 当日はランドセルや通園鞄をお持ち下さい。服装は自由ですが、制服が有る場合はその姿でお詣りされても良いでしょう。

※入園・入学式以降もお祓いは可能です。

式順
・開式太鼓
・修祓(鞄やランドセルのお祓い)
・祝詞奏上(入園・入学を神様に報告します)
・お鈴祓い
・誓いの言葉
・玉串奉奠(只今休止中)
所要時間20分ほど
初穂料5000円

お問い合わせ・ご予約は社務所まで
麻賀多神社社務所 043(484)0392
 
戌の日猫の日コラボ御朱印 [令和6年1月22日]




 猫の日御朱印と戌の日御朱印のコラボ御朱印が誕生します‼️

その名も「繁栄招福両縁御朱印」です。

画題は生き狛犬のたまきくんと、狛猫先代の母にゃんとスルメ。

戌と猫の両方のご縁、
両縁と良縁も兼ねております。

麻賀多神社の猫の日御朱印頒布日(毎月21〜23日)に戌の日が重なる日のみに頒布を致します。

先ずは令和6年1月23日から

今年の重なる日は以下の通りです
・3月23日
・5月22日
・7月21日

※この御朱印は書き置きとなります。